一人の日本人女性医師を通じ、ザンビアに医療支援を!

information
2021.12.20
ORMZニュース第125号

師走、慌ただしいことと思います。
新型コロナウイルス感染症も、オミクロン株の確認でまた感染者数が増えてきましたね。
ザンビアでもコロナ陽性者数が急増してきています。
そのような中、ORMZニュース第125号を作成しましたのでご覧ください。
この一年の多くの方々からのご支援に心から感謝申し上げます。
どうぞ皆様、良い年をお迎えください。

ORMZニュース 第125号

2021.11.23
ORMZニュース第124号

11月下旬となりました。
当法人の活動もザンビア現地事務所に新たな責任者を雇用し、次なるステップに進むことになりました。
大谷選手のMVP受賞など嬉しいニュースがありましたが、ORMZニュースも124号、是非ご覧ください。

ORMZニュース 第124号

2021.10.20
ORMZニュース第123号です

皆様、10月も下旬、本日20日は満月ですが、残念ながら宮崎では雲でお月見はできません。
コロナウイルス感染症も落ち着いてきましたね。
ワクチン接種も進んでいるようですが、感染対策はこれからも取り組んでいきましょうね。
さて、ORMZニュース第123号を作成しましたのでご覧ください。
ザンビアでは24日が独立記念日とのことです。

ORMZニュース 第123号

2021.10.03
ザンビアの辺地医療を支援するチャリティーコンサート

今年も昨年に引き続き、9月18日(土)午後2時から、東京都福生市の福生市民会館小ホールにて、高校の同級生である黒木中君が主体となって、「ザンビアの辺地医療を支援するチャリティゴスペルコンサート」が開催されました。

出演者は、毎回参加していただいているピアノの加藤景子さんはじめ、歌担当の黒木中/谷藤とも美/野口恭子/鈴木裕子さん、そしてドラムスのチッコソウマさん、ベースの平川理雄さん、ハモニカの石川太郎さんが今回新たに参加してくださいました。 
今年のテーマ「こころがわり」と題して楽しいひとときが過ぎていきました。

以下、黒木中君からの報告です。
コロナ対策で、一列毎に空けて、隣りの席も空けて、更に前から2列は空けての開催。
定員230人の会場に56人しか入れられない状態だったのですが、家族で来る方の予約が10組あったので、そこは隣り同士に座ってもらうことにして結局67人の席を用意する事が出来ました。
前日迄は総勢75名。出演者8人と受付専任2人の計10人を除いて、客席65人の予約でした。
当日、台風が近づく中、予約無しのお客様が8人お見えになりましたが、台風の影響等で10人の方がキャンセルされましたので、結果的に皆さん席が確保されました。
台風の影響による欠席者の中に、遠方からお見えになる、消毒係や案内係のお手伝いの方4人も含まれていたのですが、大宮高校46期生の蓮池直美さんが、お仲間4人と参加されており、その方々が殆ど席にもつかず消毒係や案内係を手伝って下さいました。おかげでお客様の誘導等も混乱なく無事に開催出来ました。
日高理事長から送っていただいたORMZの活動報告や、パンフレット、振込用紙等を皆さんにお渡しし、コンサートの最初と最後に私の方から支援協力の要請をしました。
開演時間と終演時間も予定通りでした。
会場設置の募金箱の中に、108,000円の募金をいただきました。

今年も本当にありがとうございました。

R3コンサート1

コンサート9

コンサート10

コンサート案内板

コンサート全体風景

コンサート仲間達

コンサート場内風景

2021.09.23
ORMZニュース第122号

9月、中秋の名月を雲の合間から見ることができました。
台風襲来がありましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
新型コロナウイルス感染症患者数もようやく減少してきましたが、もうしばらくは感染対策、気が抜けないですね。
さて、ORMZニュース第122号を作成しましたのでご覧ください。
皆様にとって、素敵な秋を迎えられますようお祈りします。

ORMZニュース 第122号

information